2021年5月16日日曜日

キッチンの壁にタイルを貼ってみた

 



今日は久しぶりにDIYをします。タイトル通りにキッチンの壁にタイルを貼ります。今までタイルっぽいアクセントクロスを貼っていましたが3年以上経過し、汚れたり剥がれたりしてきたのできれいにしたいと思います。

本日使うのはこちら


deerzon 軽量レンガ 曲がる! ブリックタイル 汚れ 防止 軽い リノベーション リフォーム DIY (60, ホワイト)

タイルと言っても本物ではなく、石膏でレンガ調に仕上げたものみたいです。本体は薄く、軽量で、ハサミで簡単に切って加工できます。




今回は60枚入りを2ケース注文しました。貼り付け面積は約720×1820となりますが数枚予備が余る程度でした。

以前のクロスを全て剥がし、早速貼っていきます。




一応レンガっぽく位置をずらしながら貼っていきます。今回は接着にコーキング剤を使用しました。


ヤヨイ化学 ジョイントコークA 500g ライトブラウン


こちらをタイルの裏面に軽く塗り、貼っていきます。白い壁に貼るのであれば白のコーキング剤がはみ出ても目立たないのがいいですね。




タイルの形がかなり不揃いなので上の段から下の段へと順番に貼った方がいいかもしれません。コンセント回りもハサミでキレイにくり抜きます。




作業開始から2時間ほどで貼り終えました。あとはコンセントのプレートを戻して完成です。




レンジとトースターを元の場所に戻して本日の作業は終了です。本当に簡単にできるのでコレはお勧めできます。



2021年5月4日火曜日

iPhone機種変でYmobile!のeSIMでハマった話

 


先週4月30日の話なのですが、iPhoneを機種変更したのでeSIMもお引越ししようとしたところかなり大変だったのでまとめておきます。

機種変前

iPhone SE2 nanoSIM ドコモ eSIM Ymobile!

で運用していました。

今回

iPhone XSに以前と同じSIM運用をする予定でした。nanoSIMはただ入れ替えるだけでしたのでもちろん問題ありませんでした。

eSIMは以前Ymobile!ショップでnanoSIMからeSIMに変更していただきました。その時の印刷されたプロファイル読み込み用のQRコードを持っていたのでXSで読ませても使えません。

ここで一つ目の失敗。

SE2で運用している状態ではプロファイルは読み込めないと勝手に思い込みSE2からeSIMを削除してしまいました。



削除したた状態で先程の印刷されたQRコードを読み込ませても使えません。そもそも一度読み込ませて使用したQRコードは使えないんですね。そもそも間違っていました。



そこでMy Ymobileの契約内容の確認・変更からeSIM再発行、切替えの手続きを選択します。



これはすでに変更されていますが、私がこの画面に進んだ時はEメールアドレス変更という項目がそもそもありませんでした。この時のデフォルトは本人確認のコードを切替え予定の番号にショートメールを送るという一択しかありませんでした。すでにeSIMを削除してしまった私には本人確認の方法がありません。この時点で「詰んだ」と思いました。

そしてなかなかつながらないサポートに電話しました。そこで今までの経緯を話すと携帯メールではないメールアドレスをサポートセンターで登録することで解決するはずでした。(今現在は上記のように自分でメールアドレス変更できるように変更されています。これの対応は1時間後には出来てたので素直にミスを認めて改善したのでしょう)

その後メールで本人確認できるようになり、QRコード発行のメールが届きました。しかし、メールからリンクに飛んでも「あなたの契約では発行できません。」のような文言が出てQRコードが発行できませんでした。最後の手段でYmobileショップで再発行手続きをするためにネットで来店予約をしてショップに行きました。

そこでショップの方に手続きできない様子を見せようと、目の前でリンクに飛んでみるとそこで初めてQRコードが再発行されました。

ショップの方いわく、4月最終日でネットも混んでおりなかなか発行できない事があるとのこと。ショップに行く前に試してみれば良かったです。

ということで無事にiPhone XSにeSIMを切替える事が出来ました。

メモ

iPhone機種変更時のeSIM切替え方法

1.旧機種のeSIMはまだ削除しない。

2.My YmobileでeSIM再発行手続きする

3.旧機種で本人確認してeSIMを再発行する

4.新機種でQRコードを読み込ませる

5.My YmobileでeSIM切替え手続きをする

6.新機種で通話・データ通信できることを確認し、旧機種からeSIMを削除する


お疲れ様でした。

2021年5月1日土曜日

RODE WIRELESS GO + SONY ZV-1が便利すぎる!

 




撮影にマイクは欠かせませんが、ガンマイクは結構大掛かりになってしまったり邪魔でもあります。そこで評判の良いRODE WIRELESS GOを導入してみました。音を比較していただければと思いますので動画で確認してみてください。





今回はホワイトを選んでみました。ZV-1もホワイトなら良かったのかもしれません。



 
ちょっとチグハグですが、コンパクトに収まっていて良いです。




電源ONですぐ使えて、なんの設定も要りませんでした。簡単すぎです。

動画では今までのRODE VideoMicroに替えてWIRELESS GOでも音を入力してみたので聴き比べてみてください。実際音はVideoMicroの方がよりクリアで聞き取りやすい気もしますが、わずかな差なので、今回は利便性を取りたいと思います。

OZMO POCKETでもテストしましたが、USB-Cを3.5mmに変換するアダプタ経由で問題なく使用できました。OZMO POCKETは単体使用で音声が割れるので使用を控えていましたが、今後使う機会が増えそうです。ただし、こちらは取り回しに工夫が必要です。受信機をぶらぶらさせるわけにもいきませんので。

こんなに便利なら早く買えばよかったなと、逆に後悔しています。このためにいくつも無駄なマイクをいくつか買ってしまっていました。

とにかくRODE WIRELESS GOで今後も撮影頑張りたいと思います。



【国内正規品】RODE ロード Wireless GO white ワイヤレスシステム WIGOW

RODE Microphones ロードマイクロフォンズ Wireless GO II ワイヤレスマイクシステム WIGOII